情報の発信に伴う様々な問題|情報ジャッジメント

弁護士の利用

弁護士事務所のホームページ制作で注意しておくべき点とは?

弁護士もIT時代ではインターネットで情報発信することが必須です。弁護士事務所のホームページ制作では、その弁護士がどの方面の事件に強いかをアピールするかという内容が第一に重要ですが、クライアントが、数ある弁護士事務所のホームページのなかで、その弁護士のホームページをいかに見つけ出せるかも大きなポイントです。 それはつまり、ホームページ制作をする人なら常識ともいえる、SEO(サーチエンジン最適化)が必須ということです。ホームページを検索エンジンで検索した場合に、検索結果の上位に引っかかってはじめて、内容を工夫して作ったホームページの制作した意義が活きるのです。 SEO対策としてはメタデータやキーワードの挿入、コンテンツの階層整理など、するべき対策が数多くありますが、昨今のホームページ制作は、htmlでの静的ホームページ制作から、WordPressなどのブログベースでの制作に移ってきた点にも注目。そうしたブログベースの制作ではプラグイン等の機能実装でSEO用のものを導入することも有効です。また、xmlによるサイトマップ制作も忘れずに行っておきたいものです。

弁護士のホームページ制作におけるseoの考え方とは

弁護士が利用するホームページ制作は、二つのターゲットを考えて制作する事が大切です。一つは、都道府県+弁護士となるキーワードと、もう一つは市町村、若しくは区+弁護士となるキーワードの使い方です。弁護士と言うのは、相談を行う物であり、弁護士+相談となるキーワードを使ってホームページ制作を行う事もポイントの一つです。 弁護士に相談をする場合は、実際に足で運び、すぐに出会える人を望む可能性が高いと言えます。地域に密着したホームページ制作であれば、競合も少ない可能性が高く、seoに対する上位表示も可能であり、競合と差別化し易い物と言えます。 弁護士のホームページ制作の内容は、相談をしている様な内容が望ましく、過去の事例をただ紹介するよりも、質疑応答型のコンテツを加える事もポイントの一つと言えます。