情報の発信に伴う様々な問題|情報ジャッジメント

サイトの広告

高機能なecサイトの利用で顧客獲得の傾向

大手企業から中小企業、個人事業主に至るまでが自社のホームページを持つのが一般的になってきました。さらに、商品販売のためにecサイトを制作することも広まってきており、独自の戦略に基づく販売競争が展開されるようになってきています。 その制作に際しては数百万円のオーダーで費用がかかるのが一般的であり、企業としても大きな投資となります。しかし、ecサイトをもつによって得られる自由度は高く、ユーザーのニーズに合わせた商品紹介を行ったり、ポイントカードサービスを提供したりという展開を行って行くことが容易になっています。こういった機能の付与によってecサイトの制作費用も高くなるものの、それによって顧客獲得に成功する事例も増えてきています。

通信販売の広まりとその展開の流れ

インターネットの急速な普及により、実店舗での商品販売に加えて、通信販売が広く利用されるようになってきました。その当初は、メールによって注文したり、オーダーフォームに入力することによって購入することができるというのが一般的でした。しかし、この方法は通信販売を行うこと自体はできるものの、多様なサービスの展開とはほど遠く、利用者にとってもあまり簡便なシステムではありませんでした。 そこにショッピング系のサイトが登場することで会員登録によりより便利にショッピングが行えるシステムの導入されたサイトが登場しました。これが広まると、そこで行われている販売戦略を企業が独自のものとして行うアイデアが広まり、ecサイトの制作が広まってきたのです。